悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

妻と知らない男がベッドで・・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

二階堂です。
今日の記事は過激な内容が書いてありますので
苦手な方はここで閉じていただければと思います。

 

プロフィールにも少し書いてありますが、
僕はバツイチです。そしてその原因は・・

 

浮気されました。。。

 

きつかったっすね

 

俺が知らないところで
知らない男とガンガンヤリまくってる
ところを想像すると・・・

 

想像しくたくなくても想像しちゃうんすよね。
だから目を瞑ることもできずに不眠症になりました(笑)
本当に情けないというか、
まぁ今思えば浮気されてもしょうがない男でした。

 

すげぇカッコ悪いことを言いますが、
当時の僕は嫁のことが大好き過ぎて、
嫁への依存性が高かった。

 

だから嫁の言う事を基本何でも聞いていて、
非モテ男の典型的な行動をがっつりとやってました。
だからナメられていたし
男として見られていなかったかもしれません。

 

自分で言うのもなんですが、
嫁は結構美人だったので下手にでまくっていました。
仲間たちといる時はオラっているくせに
女の前では

 

シュン・・・・

 

 

ダッセェ!!(笑)

本当にダサい男(笑)

 

 

嫌われたくない。
愛想尽かされたくない。

だから僕はいつも妻のご機嫌とりをしてました。

 

自分に自信がないが故に
当時の僕はこういった行動を取ってしまっていたんだと思います。

 

これじゃあ浮気されるよな・・。

 

と、今だから過去の自分を客観的に見ることができます。

 

浮気が完全に発覚したのが1枚の写真。
妻と知らないと男がホテルで2ショットで映る写真
を見つけたことがきっかけです。

 

その前から
完全に怪しい行動を取っていて
無断での外泊が増えて
2、3日平気で帰ってこないことが毎週毎週。
理由は「〇〇の家に泊まる」(〇〇共通の女友人)
など、ありふれた言い分でした。

 

でも明らかに怪しかった。

 

泊まりに行くのはまぁしょうがないとしても
毎度毎度無断で
こっちから連絡して始めて「泊まる」ってことを知る。
フザケンナよ。

 

とは思うものの、
喧嘩したり、疑うような空気を出すと

 

フラれるかもしれない
なんてことを思って言い出せなかった。

 

本当にキモ男です。
で、気になってしょうがなかったので
嫁のノートパソコンを開き、写真フォルダを覗きました。

 

そこに
男とラブラブで映る写真が大量に・・・・

 

で、日付けを見ると
共通の女友人宅に泊まると言っていた日付けだった。

 

凹むなんてレベルではありませんでした。
こんな頭ん中が白くなるか?
ってくらい白くなったし。

 

なんだろう・・
しゃがんで立ち上がった時に思いっきり頭打って、
体の中に走る強い衝撃のようなものが走った感じ?

 

まぁそれくらいの衝撃が走りました。

 

 

嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ
嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ
嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ
嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ

 

 

何かの間違いであってほしい

この写真は俺と出会う前の写真じゃないか?

日付けはバグじゃねぇか?

いやーでもこの服、俺がかってやったやつじゃね?

いや!前も似た服を持っていたんだ!!

 

 

と、都合のいいことを考えまくったけど、

だめだ・・。つじつまが合わない・・

 

現在進行形で浮気しているってことが
一番しっくりくる。

 

認めるしかありませんでした・・

 

で、もうこれはあかん!ってことで
嫁が帰ってきたとき、
浮気のことを問いただしました。
もう、離婚とかそんな事にビビっている次元の話じゃない。

 

でも、嫁は一向に口を開かず、
黙り込むだけ。
2時間も3時間経っても一向に話が進まない。
話にならないので日を改めることにして、
また話し合うもまた黙る。

 

こんな状態が3ヶ月も続いてました。

 

その間もやはり無断外泊。

 

 

そしてその日数は日に日に増えていき
1週間丸々帰ってこなかったり。

こいつは何がしたいのか?
もう浮気をしててもいい。
その代わりはっきりとした答えが欲しかった。

 

何も言わないから
僕は自分の想像の中で答えを出していくしかなかった

 

答えがはっきりせず、
ずっと頭の中でモヤモヤしている状態。
考えたくもないのに考えなければいけない。

 

頭の中は浮気のことだけに支配されてて
他のことを考えることができなくなって
病み始めていました。
白黒はっきりしない状態はマジで気持ち悪い。

 

怒りから憎しみへ
そして殺意が芽生え始めて。

 

妻もそうだが
相手の男を死ぬほど憎み
どうやって報復してやろうか?

 

計画を練り出しました。

当時、話題になっていた事件で
彼女が弁護士と浮気して、
キレた彼氏が枝切り鋏で
弁護士のおチ◯ポコ切り落としたってニュースが話題となっていて
僕も枝切り買いました。
それくらい危機的な精神状態でした。

 

この時、
人を殺してしまう人間の心理ってものを理解できました。

 

こうやって人を殺してしまうんだな・・と。

 

でも、僕は踏みとどまることができたのは
後悔の念が強かったから。
当時、僕はネットビジネスの世界を知ったばかりで

 

これから絶対に稼いでやるぞ!

自分の収入だけで家族を養えるようになる!

学歴なくても成功できる世界をやっと見つけた!
ってときでした。

 

僕は10代の頃からずっと感情的に行動を取ってきて
何度も後悔をしてきました。
その度に落ち込んで反省して。

 

でもまたやっちゃって・・

 

何度も後悔をしてきた経験があったから
僕はなんとか踏みとどまることができました。
もし、感情的な行動を取ったら
僕は確実に刑務所に入るし、何十年と出てこれなくなる。

 

そうなったら絶対に後悔するのは目に見えていた
残された家族。母はどうなるか?
ってことを考えました。

両親が離婚して以来、
母は生活のために働かなくてはならない状態で
しかも健康体ではない。

ストレスがめちゃくちゃ負担になるのに
もし、俺がそんな事件を起こしたら
母は死んでしまうかもしれない・・

 

そんなことを考え、僕は踏みとどまることができました。

 

話し合っても一向に進まないし
嫁の行動は相変わらずだし
自分の中でのモヤモヤはどんどん濃くなるだけ。

 

もういいや。

僕は妻に
「出て行け」と言いい、離婚に至りました。
なので、今でも浮気の真相ははっきりしていません

 

おそらく99.9999999%浮気してましたが
後半はそんなことはどうでもよくて
嫁の口から事実を聞きたかった。
そうすれば僕は踏ん切りがついた。
でもずっとだんまりだったから
はっきりしなくて

 

苦しかった。

 

仮に浮気してなくても
無断で外泊しまくっていて
心配をかける行動は浮気しているも同じこと。

 

集めた情報を元に
自分の中で落とし込んで納得するしかなかった。
嫁と離婚してから数ヶ月は
他のことを考えられませんでした。

 

不眠も続いたし

ストレスで髪は抜け

身体中に帯状疱疹ができて

全身ミミズ腫れ

食事もまともに食べられず、
15キロ以上落ちて痩せこけ

タバコは1日5箱

 

嫁との一件を友人に話すこともできなかった。
話すのがきつかったし、考えたくなかった。
それに、なぜか
浮気した嫁のことを悪く言われるのも嫌だった。

 

なぜだかわからない。
嫁のことは超憎かったのに

なぜだろう?

 

一人で家にいても
無意識に嫁の浮気している描写が頭に浮かんで

 

寝ることもできなかったので
外に出て一人で飲み歩いたり
風俗行きまくって寂しさ紛らわせようとしたり、
自分の精神を保つので精一杯でした。

 

しばらくして、少しずつ他のことが考えらる余裕が生まれ
自分の将来のことを考え。

 

今の自分の情けなさを受け入れて。

女一人に振り回されて。

 

なんて器の小さいダサい男だ・・

こんな思いはもう二度としたくない

でかい男になってやる

浮気したことを後悔するくらいの男になってやる

 

 

そう思いネットビジネスにのめり込んで
必死に勉強しまくりました。
嫁という大きなものを失ったので

みんながリスク。と思うことをリスクと思わなくなりました。

 

学美のために自己投資をガンガンしていって
これまで総額600万は自己投資しました。

 

浮気された経験が
良い意味で吹っ切れた行動に繋げることができた。

 

もし、結婚していた状態だったとしたら
僕は今も稼ぐことは出来ていなかったと思います

 

自己投資なんてできなかっただろうし
ビジネスに時間を注ぐこともできなかった。

 

僕はこの一件から
自分を磨こう、成長しよう、勉強して知識をつけよう
って改めてその思いが強くなって
より強固な意志を見って行動ができました

 

こんな辛い思いをするくらいなら
出会わなければよかった

 


あの時はそう思っていたけど今は

 

“出会えてよかった”
と心から思える。

 

 

辛すぎたし、二度と味わいたくない経験だったけど、
自分の価値の無さをより素直に受け止められるきっかけになったし
反骨心がより養われた。

 

辛い経験をした時こそ
バネにできた時はめちゃめちゃ跳ね上がる。
逆境が、辛さが自分を強くする。

 

二度と経験したくないから
自分を高める。

 

今これを読んでいる人は
まさに辛い経験をしてるかもしれない。
前向きに考えることはできないかもしれない。

 

でも、きっとそれをバネにすることができる日が必ずくる。
自分を成長させる原動力に変える意識を持っていれば

必ず。

 

全ての事実は自分の捉え方次第だ。
後悔、失敗、苦い経験は全て自分を成長させる糧になる。

 

落ちこぼれから起業家になるための電子書籍を無料でプレゼントしています

 

僕は30歳の時にビジネスを始めて
0からたった6ヶ月で脱サラすることができました。
最終学歴は中学で仕事は工事現場。
ドロップアウト組の典型的パターンです

 

勉強は大嫌いだし
本読むと眠くなるし
貯金はないし嫁には浮気されるし・・
なんか書いていると虚しくなるほど何もない・・

 

僕には誇れるものが何もなかった。

 

あるのは「誰にもナメられたくねぇ」
っていう高いプライドだけでした。

 

社会に出て学歴がないというハンデが予想以上で
過去の自分に対しての後悔と怒りがあまりにも強くて
なんとか人生を変えたいと思っていました。

 

そんな時にインターネットビジネスの世界を知りました。

 

もう俺にはこれしか道はない・・
絶対に成功して金持ちになってやる!

 

周りからは

「あいつまた馬鹿みたいなことやっているぞ」

「無駄だよ無駄 笑」

 

と、さんざん馬鹿にされましたが
一切無視してビジネスに取り組んだ結果
たったの半年で脱サラし、起業することができました。

 

誰になんと言われようと
しっかりと正しい努力をおこなえば
誰にでも人生を変えることはできます。

 

僕のように取り柄も何もない落ちこぼれが
半年でスキルを身につけて起業する事ができたのだから
あなたにできない理由はありません。

 

何年も努力をする必要はありません
数ヶ月間だけ真剣に本気で努力をすれば
人生逆転できます

過去がどんな人間であろうと
今日、今この瞬間から過去とは違う行動をとれば
3ヶ月後、半年後、1年後
今では想像もつかない人生を手に入れられるはずです

 

スキルも知識もゼロから
脱サラして起業家になるためのノウハウを
一つの電子書籍にまとめました。

20分ほどでサクッと読めるないようなので
興味があれば読んでみてください。

→期間限定の電子書籍を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です