悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

中卒の底辺野郎が起業するストーリー⑺  インターネットビジネスを知って

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本に帰ってきてから僕はやりたいことを探し、挑戦してきた。
でもそれも長続きがしなかった。

自分が本当にやりたいことがわからなかった。

自分は何が好きなのかがわからなかった。

いつも根底にあったものは
どれだけ稼げるか?

学歴がなくて稼げる仕事。

求人を見ていても
いつも壁になるのが

学歴だった。

僕はだんだん、過去を真面目に生きてこなかったことに深く後悔した。

やり直したいってなんども思った。

気がついたら僕は過去ばかりを見て前を見なくなってしまった。

中卒の底辺野郎が起業するストーリー⑹ 夢を持たなきゃいけないって焦っていた

そんな時、ネットビジネスの存在を知った。

 

『ネットだけで累計8千万以上稼いだ』というブログを見つけて

 

ネットビジネスの存在を知ったきっかけになったのは
『ネットだけで累計8千万円以上稼いだ』という男が書くブログを見つけたことだ。
(以下:8千万男)

そこには

“学歴がなくても億万長者になれる”

ということが書かれていた。

そして8千万男も中卒。

「マジか・・すげぇ・・」

ブログ記事には

ギラギラした高級時計

キャデラックを2台所有していて

悠々自適な生活を送っていた。

「カッケェ・・」

そう思った。

当時の僕はこの8千万男に完全に魅了されてしまったのだ。

そして速攻でメルマガに登録した。

少し胡散臭いと思う反面、
「今の俺が成り上がるにはもうこれしかない。」

こっちの思いの方が俄然強かった。

 

成功したらもうお金の心配をして生活することもない

嫁を養うことも。

母を楽にさせてやることも。

その日から
一日中ずーっとネットビジネスについて調べていた。

アフィリエイト

せどり

情報商材

PPC

ワードプレス

テンプレート

HTML

・・・聞いたことない言葉ばかりだ・・

専門用語すぎてもうわけわからん・・

 

結局何をすればいいんだ!!!?

何から始めればいいんだ!!?

 

ごちゃちゃ調べていても
時間がかかってしょうがない。

そう思い、
8千万男がブログでオススメてしている
情報商材を購入した。

確か19800円くらいだった。

「よっしゃ!これで俺も億万長者になっていやる!
まずは月収100万を目指すぞ!!」

 

8円て・・・・

 

ちなみにこの時買った商材は
トレンドアフィリエイトの商材で
アドセンス広告で収益を得るのに特化した教材だ。

流行になっている記事を書き、
アクセスを集める。

記事に広告を載せておき
その広告がクリックされると
数円の報酬が発生する仕組みのこと。

まぁこれは稼げませんし、資産にもならない

トップブロガーになってアクセスを
異次元なレベルまで集められれば
稼げるけど、現実的ではありません。

トレンドアフィリエイトは
知識としては持っておけば
応用して使うことはできるけど、正直必要ない知識です。

でも、初心者の僕は
そもそもそんなこと知らないので
勧められている教材をとりあえず買ってみた。

という感じです。

そこから僕は
ひたすらトレンド記事を書きまくりました

当時はエンジェルハートというアニメ
(シティハンターの続編 パラレルワールド設定)が
ドラマで実写化されると話題になって
その記事をいくつかの視点で書いていました。

当時は寝る間も惜しんで
記事を書きまくっていましたが、まぁひどい記事でした。

シティハンターとは・・

冴羽リョウとは・・

みたいなクッソつまらん記事を長々と。

で、1ヶ月やって結局稼げた金額は8円・・

8円て・・・・・

少し挫折しそうになった・・

でも、
もう他にすがるところがなかったから

やめる。という選択肢はなかった。

もっともっと記事を書こう。

嫁に
俺と結婚してよかったと思ってもらえる
ように金稼いでかっけぇ男になる!

母を楽にさせて親孝行をするんだ!

落ち込むことはあったけど、
僕は前だけを見るようにしていた。

だがそんなとき。。


人生でトップクラスのどん底を味わうことになった。

 

嫁の浮気で僕は精神崩壊

そう。嫁にがっつりと浮気されていたのだ。

当時の僕は嫁にゾッコン状態だった。

妻と知らない男がベッドで・・・

内容は上の記事に書いてあるのだがここでも話をしよう。

数ヶ月前から嫁の外泊が続いていてた。

ちょっと多いな・・くらいに思っていたが
まぁ嫁のことを結構信用していたので疑いはしなかった。

でもある日の夜中・・

嫁と同じベッドで寝ていたとき、
僕はふと夜中に目を覚ました。

嫁はまだ起きていて
僕に背を向けながらケータイをいじっていた。

目を覚まして
たまたまスマホの画面が目に入った時、
嫁のラインのやりとりが一瞬見えてしまい、
こんな文章が書いてあった。

「もーまたエッチなこと考えてるんでしょ笑」

!!!??

・・え?

 

一瞬何が何だかわからなかった。

いや・・まさか・・・

僕は嫁のことを心底信頼していたので
疑っていなかった。

というより、疑いたくなかった。

嫁を失いたくないと思っていたので

疑わないようにしていたんだと思う。

でも、見てしまった。

それからあのやりとりが気になってしょうがなくなり、
ある日、嫁のPCを開いた。

というのも、
嫁は数ヶ月前から一眼レフにハマっていて
風景写真やら人物の写真やらを保存していたのを知っていたから。

で、最近頻繁に出かけるのは
そのカメラ仲間と写真を撮りにいくことが多くなっていたからだ。

もしかしたら
そのうちの誰かと?

疑いもあったが、どちらかというと
浮気をしていないという理由を探したかった。

そう思い、PCを開いた。

すると・・・

ホテルで男と映る写真が大量に・・・

頭がマジで真っ白になって
心臓がはち切れそうなほど強く鼓動を打った。

もう何がなんだかわからなかった。

でも、はっきりと

これは”浮気”だった。

・・・

僕は一気にどん底へと突き落とされた。

結婚生活9ヶ月目での出来事だった。

寂しさを紛らわせるために

帰宅した嫁を呼び、

説明を求めた。

でも嫁はひたすら黙秘。

何時間経っても

何も話さない。

だたただ黙るだけ。

「なんで何も言ってくれないんだよ・・」

嫁の顔を見るのが辛くて
あの写真が残像のように目の前に現れ
したくもない想像を勝手にしてしまい、
僕は精神がどうにかなりそうだった。

とりあえず話にならないので
嫁をいったん実家に返すことにした。

時間をおけば話す気になるだろう

そう思って

1週間実家に帰ってくれ

と言い、僕は一人で過ごす。

僕はずっと寝ることができなくなった。

目を瞑ると
嫁と男のホテルでの行いを嫌でも映像が浮かんできてしまい、
目を瞑ることができなかった。

寝ることができなくなり、
外に出て近くの飲み屋で一人酒を飲んで時間を潰していた。

1週間で2時間も寝ることができなかった。

もう一度改めて嫁と話しても

また黙認。

何も話さない。

結局、最後まで嫁は何も言わず
ただ黙るだけで僕が耐えられなくなり
家を追い出し、離婚することとなった。

僕はどうしようもない怒りや
寂しさを紛らわすため、
キャバクラ、風俗、ナンパして女性と遊びまくり、
その全てをクレジットカードで支払い、
リボ払いにし、少しずつ借金が溜まっていた。

当時の僕はお金を使って精神を保つしかなかった。

 

高額な情報商材も躊躇なく

金銭感覚も完全に麻痺して
ネットビジネスの高額商材も躊躇なく購入していた。

30万の教材、15万の教材など

ネットビジネス関係で
トータルで70万くらいはすでに借金をしている状態だった。

ちなみに30万の教材は
8千万男のメルマガで流れてきた教材。

さらに言えばその教材はクソだった。

もう魂が抜けて、精神も崩壊寸前。

タバコも1日5箱吸い

思考力が奪われ

寝ないで現場仕事にたち、

些細なことにも苛立ち

職場でも人間関係をどんどん悪くしていった。

僕は離婚したことを誰にも言えなかった。

言うのが辛かったから。

口に出すのが辛すぎて。

たまに会う友人などで

「結婚生活どう!?」

とか聞かれてマジでしんどかった。

この状態から立ち直るのに約半年ほどかかった。

 

ネットビジネス本格始動

 

年が明けた2016年。

離婚から精神状態が不安定になり
ネットビジネスはやったりやらなかったりの状態だった。

嫁の浮気発覚から半年近く経って
ようやく気持ちも落ち着いていた。

そして

嫁を見返したい
離婚したことを後悔させてやりたい!!

そう思うようになり、
改めてネットビジネスを真剣に取り組むことにした。

それから教材をさらにいくつか買い、
自己投資をたくさんしていった。


僕は今までの人生で
勉強なんてまともにやってこなかったから
勉強の仕方がよくわからなかったし
勉強すると眠くなるし、
わからないとすぐイライラしたし
毎日継続することがそもそも困難でした。

夢は大きいくせに、
その過程は全く抜け落ちている。

努力というものができない人間だったので
続けるってことがまず相当苦労しました。

スタート段階でも一般的な人より劣っているので

それだけでも不利でしたし

人一倍理解力がないし
勉強ってなると全く頭に入ってこなくなるし。

諦める理由、言い訳はたくさんありました。

それでも、
今回ばかりは諦められなかった。

今の学歴で、経験で人生逆転できるものは
ネットビジネス以外考えられませんでした。

何度も足踏みをしてネガティブになって
サボってしまったりたけど
それでもまた歩き出して。

ちゃんとダメな自分を受け入れて。

試行錯誤しながら続け、
中々思うように進めることができず、

情報がありすぎて
何をやればいいのかわからない・・・

 

メンターとの出会い

そんなとき、ユーチューブで
1億円以上稼ぐ23歳というのを見つけました。

「は!?23歳が年収1億超え!?」

ふざけんなと思いました。

そんなのありえない!!

嘘だ!!!!!!

と思いました。

認めたくなかった。

俺よりも年下のくせのガキが
俺より裕福な生活を送っているなんて。

どうせこいつ内面クソな奴だろ?

なんか悪いことして稼いでんだろ?

年収1億とかハッタリだろ?

目の前にある事実を認めることができなかったので
否定しまくりました。

認めてしまったら
自分がクズだということを認めてしまう。

自分が惨めになるだけ

事実だとたら俺は自信を失う・・・

認めない認めない認めない
認めない認めない認めない
認めない認めない認めない
認めない認めない認めない
認めない認めない認めない


だからユーチューブで見つけたとき、
タイトルでムカついてずっと見ませんでした。

でも、どうしても気になってしょうがなくなり、

一週間くらいした頃

「見てやろうじゃねぇか。」

と、動画を見ました。

 

・・・・・衝撃的だった。

こいつめちゃくちゃ頭いいじゃん・・

 

純粋に”すごい”と思いました。

 

めっちゃ的を射ていることばかり言っていて
ビジネスモデルもしっかりしている。

僕は次第にこの人に惹かれていきました。

何より、ものすごい謙虚でした。

もっと偉そうにして見下してくると思ったのですが、
全然そんなことない。

「なんか俺、恥ずかしいわ・・
プライドばっか高くて・・」

僕はこの23歳(以下Rさん)に速攻でアポを取り
コンサルティングをお願いしました。

1年間のコンサルティング費用はなんと250万円。

人生が変わるならこれくらい大したことはない。

これだけの大金を払ったらもう逃げられない。

寝る時間も遊ぶ時間も全て削り、
飲み代、洋服代は全て自分の知識に投資。

金、時間を全てビジネスに充てました。

 

自分を追い込むために辞表を出してリミットを

 

当時、僕の仕事は激務で
朝6時から22時までほぼ休憩なしの
月によっては1ヶ月丸々休みなし、
または2回程度しかない状態でした。

僕の働いていた職場はかなりブラックで
休みもあまりなく、
時間を捻出するのが
中々難しい状態でした。

なのでまず時間を確保するために
即金性があって初心者でもすぐに稼げる
”せどり”をやることにしました。

正直、情報発信をやりたかったが
時間を作るためだ。しょうがない。

それにせどりで100万は全然いけるとのことだったおので

「よっしゃ!だったら100万絶対に稼げるようになったらぁ!!!」

と気合が入った。

そして僕はさらに自分に負荷をかけるため、

あることを決めた。

それは

5ヶ月後のお盆休み前までに
絶対にせどりだけで食っていけるようになること。

ただ目標設定するだけでは弱い。

翌日、

僕は社長に直接
お盆休みで辞職することを伝えた。

 

もう逃げられねぇぞ・・・

当時勤めていた会社は
人をロボットのようにこき使いまくっていて
一緒に働く人間も大嫌いだったので
早く抜け出したくて焦りもあった。

2016年3月。

僕はせどらーとしてデビューした。

---------------

PS:

自動でお金を生む仕組みの作り方など より濃密で濃い情報はメルマガ内でお話しています。

今の現状を絶対に変えたい。

そう本気で思っている方のみ、 興味があれば登録してみてください。

今なら期間限定
無料豪華特典もあります。

才能、学歴、環境、人脈。

そんなもの無くたって正しい努力をすれば 人生は逆転できます。

僕は上司に散々
「お前は他いっても通用しないぞ」
と、言われてきました。

全く関係ないです。

あなたもそう言われて
なんとなく不安に感じてしまっているかもしれません。

自分なんて・・・って。

そんな間違った常識ぶっ壊してやります。

できない理由の根拠なんてない。

ではメール講座でお会いしましょう。

無料特典付きのメルマガ内容を見てみる

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です