悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

理不尽に耐えることが会社で勤めること。そんな夢のない大人になりたくねぇ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

教師の前では良い子ちゃんを決め込んで
裏では万引き、恐喝、いじめをしてる同級生たち

影でコソコソ悪いことをやっている

「こいつらの存在がウゼェ
マジで目の前からみんな消えてくれ」

だけど
こーゆー奴らが周りからは良い評価される

表向きは優等生だからだ。

俺は幼い頃、
こういう奴らからいじめを受けていた。

でも教師たちは俺よりも
俺をいじめる優等生たちを評価していた。

俺は勉強もできないし
ハキハキと物を言えない子供だったから。

どんなにクズな奴でも
良い子を演じていれば人生は得する。

真面目な人ほど損をする。

そしてこれは社会人になっても同じだ。
むしろ社会人の方がこう言った理不尽だらけだ。

会社という組織に入ると特にだ

大人になると
役職やら権力という得ることができる

それを武器に嫌がらせをする奴ら
数年先輩だからと偉そうに先輩風を振りかざしてくる奴ら

子供よりも大人の方がタチ悪い。

会社ってのは理不尽な世界だ。

それに耐えるのが仕事・・

家族を守るため
自分の生活を守るために耐えなければならない。

権力を持った奴らは
そうした弱みに漬け込んで支配しようとしてくる。

なんで真面目に仕事をしてる人らが損をして
サボっている奴らが得をするんだ?

間違っているものを間違っているとはっきり言うと
嫌がらせをされる。

それが社会だ。

真面目にやるほどバカをみる。

どんなに能力が高かろうと
正しい評価はされない。

そんな理不尽な会社で俺は素直に生きていける気がしなかった

だから自分も力を得るしかない。

会社に就職する。誰かの下に就く。雇用される。
ってのは精神的にも肉体的にも
大きなリスクを追うことになる。

だからそんなクソな環境に
依存しなくても良いスキルを身につける必要がある

でなきゃ一生クソ野郎どもの奴隷として人生を捧げなきゃならない

自分の大切な家族を守ることもできない

自分でビジネスができるスキルを

大人になったらなぜかみんな勉強をやめる。

でも大人になってからこそさらに勉強しなければいけない。

成人し、大人になって社会に出て
生活をするには自分で稼がなくてはいけない。

それなのになぜみんな稼ぐための勉強をしないのか?

勉強は学生までと思い込んでいる人らがいるけど
お金を稼ぐためには学生の勉強なんてなんの役にも立たない。

就職したらお金をもらえる
勉強は学校を出るまで

そう無思考に思っている人間が多い。

それならそれでも良いが、
一生奴隷として生きることになる

俺は理不尽に耐えられないかった

嫌いな奴らと時間を過ごしたくない

だから環境を選べる立場になる。

能力を身につける。

そのために勉強をする必要があるんだ。

 

落ちこぼれから起業家になるための電子書籍を無料でプレゼントしています

 

僕は30歳の時にビジネスを始めて
0からたった6ヶ月で脱サラすることができました。
最終学歴は中学で仕事は工事現場。
ドロップアウト組の典型的パターンです

 

勉強は大嫌いだし
本読むと眠くなるし
貯金はないし嫁には浮気されるし・・
なんか書いていると虚しくなるほど何もない・・

 

僕には誇れるものが何もなかった。

 

あるのは「誰にもナメられたくねぇ」
っていう高いプライドだけでした。

 

社会に出て学歴がないというハンデが予想以上で
過去の自分に対しての後悔と怒りがあまりにも強くて
なんとか人生を変えたいと思っていました。

 

そんな時にインターネットビジネスの世界を知りました。

 

もう俺にはこれしか道はない・・
絶対に成功して金持ちになってやる!

 

周りからは

「あいつまた馬鹿みたいなことやっているぞ」

「無駄だよ無駄 笑」

 

と、さんざん馬鹿にされましたが
一切無視してビジネスに取り組んだ結果
たったの半年で脱サラし、起業することができました。

 

誰になんと言われようと
しっかりと正しい努力をおこなえば
誰にでも人生を変えることはできます。

 

僕のように取り柄も何もない落ちこぼれが
半年でスキルを身につけて起業する事ができたのだから
あなたにできない理由はありません。

 

何年も努力をする必要はありません
数ヶ月間だけ真剣に本気で努力をすれば
人生逆転できます

過去がどんな人間であろうと
今日、今この瞬間から過去とは違う行動をとれば
3ヶ月後、半年後、1年後
今では想像もつかない人生を手に入れられるはずです

 

スキルも知識もゼロから
脱サラして起業家になるためのノウハウを
一つの電子書籍にまとめました。

20分ほどでサクッと読めるないようなので
興味があれば読んでみてください。

→期間限定の電子書籍を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です