悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

まだネットで稼げなかった当時、感情を殴り書きで記録していた。それを載せてみた

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

あ”ーーーーー!!!全っ然記事がかけない!!

話がどんどん派生して長くなるし、まじ俺どんだけ文才ねぇんだよ!

腹立つわー!!!!!!

何のために記事書いているのか?

俺は一体何を伝えたいのか?

だんだんわからなくなってきた。

俺本当にこんなんで稼げるようになるのかよ・・

今日は仕事から帰ってきて
寝るまでの時間すべてブログに費やしたけど

話がまとまらなくて1記事も書けなかった・・

クソマジムカつく

なんでこんなに言葉が出てこないんだよ。

あー。もうだめだ。寝よう

 

次に日は朝起きた瞬間からなんかイライラする。

なんかやけに落ち込んでる。

昨日結局何も進まなかったからだ・・

仕事に行ってもなんかノラない。

集中力続かないし、早く家に帰りたい。

でも、家に帰ったらブログ書かなきゃいけないんだよな。

また今日もうまく書けないんじゃないか・・

またあの気持ちを味わうのか。嫌だな・・

 

仕事が終わり、家に着き
いつもなら食事をしてすぐに部屋にこもって作業をしていたのだが

昨日のうまくいかなかったことが頭をよぎって

重い腰が上がらない。

だんだんと先延ばしをするようになり

食事中にテレビを見始めて気を紛らわし、

食事が終わってもテレビから離れず

あと1話だけ見たら・・

 

と、先延ばしにして机に向かう。

でもなんとか重い腰を上げて机に向かう。

少しイヤイヤ向かいって行ったので
なんか記事を書こうとするとイライラする。

うまく書けない自分。

成長できていない自分。

ダメな自分を目の当たりにしてさらにイラつく。

 

そしてまた今日も書けない。

 

こんなことが続き、次第にブログを書かなくなる日が続いた。

 

そして今まで毎日続けていた習慣が途絶え、間が空いてしまったことに対して

罪悪感と自己嫌悪でモチベーションがだだ下がり。

ネットビジネネスを始めたばかりのあの頃のワクワク感が完全に消えて
未来を全くリアルにイメージできなくなってた

そうしてブログを書かない日々が1週間、1ヶ月と続いた。

少し時間が相手気持ちが落ち着き、再びブログを再開。

でもまた同じように書けない日々が続き、やらない日が続き、

自己嫌悪、苛立ちに襲われ、またやらなくなる。

俺はずっとこのループから離れられなくなっていった。

あー無理、あームカつく。

=============

以上が当時まだ僕がネットビジネスで稼げなかった時に書いた記事。というか記録です。

 

何か共感したところがあったらコメントなり

メルマガなりで返信してみてください。

以上

 

落ちこぼれから起業家になるための電子書籍を無料でプレゼントしています

 

僕は30歳の時にビジネスを始めて
0からたった6ヶ月で脱サラすることができました。
最終学歴は中学で仕事は工事現場。
ドロップアウト組の典型的パターンです

 

勉強は大嫌いだし
本読むと眠くなるし
貯金はないし嫁には浮気されるし・・
なんか書いていると虚しくなるほど何もない・・

 

僕には誇れるものが何もなかった。

 

あるのは「誰にもナメられたくねぇ」
っていう高いプライドだけでした。

 

社会に出て学歴がないというハンデが予想以上で
過去の自分に対しての後悔と怒りがあまりにも強くて
なんとか人生を変えたいと思っていました。

 

そんな時にインターネットビジネスの世界を知りました。

 

もう俺にはこれしか道はない・・
絶対に成功して金持ちになってやる!

 

周りからは

「あいつまた馬鹿みたいなことやっているぞ」

「無駄だよ無駄 笑」

 

と、さんざん馬鹿にされましたが
一切無視してビジネスに取り組んだ結果
たったの半年で脱サラし、起業することができました。

 

誰になんと言われようと
しっかりと正しい努力をおこなえば
誰にでも人生を変えることはできます。

 

僕のように取り柄も何もない落ちこぼれが
半年でスキルを身につけて起業する事ができたのだから
あなたにできない理由はありません。

 

何年も努力をする必要はありません
数ヶ月間だけ真剣に本気で努力をすれば
人生逆転できます

過去がどんな人間であろうと
今日、今この瞬間から過去とは違う行動をとれば
3ヶ月後、半年後、1年後
今では想像もつかない人生を手に入れられるはずです

 

スキルも知識もゼロから
脱サラして起業家になるためのノウハウを
一つの電子書籍にまとめました。

20分ほどでサクッと読めるないようなので
興味があれば読んでみてください。

→期間限定の電子書籍を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です