悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

会社なんて嫌ならやめればいいじゃん

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

お金を稼ぐ手段なんていくらでもあるんだから
今の会社にこだわる必要なんてなくないか?

自分がやるって決めたのに

「こんなんで心折れて情けない・・」
とかって罪悪感を持つかもしれない

でも、そんな罪悪感なんて持つ必要なんてないんだよ

今の会社でやっていくことが全てじゃないんだよ

嫌なら辞めて次に行けばいいじゃん。

何でそんなに一つの場所にこだわるのさ。

会社で働くことって
生活するための手段でしょ。

目的じゃない。

将来どうなっていたい?

今の会社にいてそれは叶うか?

お金を稼ぐことは確かに大事だけど
自分がなりたい将来の姿に近ずくことができない会社なら
いる必要はない

そこにこだわることなんてないよ

金よりもっと大事なものは時間だよ。

時間があれば自分の知識を成長させることができる。

いくらでも稼ぐスキルは身につけられる。

でも毎日仕事に追われていたらそんな時間も持てず、

疲れ切って思考停止して
空いた時間は飲みに行ったり
生産性のない時間を消費するだけ。

それ繰り返して年取って
やりたくてもできない。後悔。手遅れ。

って状態になる。

目先にお金にとらわれていたら
ずーっとこき使われて
自分は何も成長しないで人生を終わっちゃうよ。

それって超もったいなくないか?

せっかく学歴とって
就活頑張ってようやく内定をもらえた会社だから
こんなすぐに辞めるなんてもったいない。

とか思っているなら

そう思っている方がもったいない。

もったいないから辞められないって
じゃあそうやって過ごしてる時間はもったいなくないのか?

若く楽しい時間って今だけなのに
その貴重な時間を消費するだけって超もったいなくない?

そ悩んでいる間にも時間はどんどんすぎる。

 

会社に入ってとりあえず3年は頑張る

とかいう人いるけど、3年って結構長いよ

それに社会人3年って
まだペーペーよ。

大したこと学べない、
社会人経験が必要だ・・とかなんか色々理由を並べる人もいるけど

社会人経験って何よ?

具体的にどんなことを学べ、
どんな風に今後に自分に活かせるの?

ほとんどが抽象的で、まず間違いなく無駄な時間。

3年あったらちゃんと勉強すれば
年収1千万くらいは余裕でいける。

利益に直接つながることを学んだ方がいい。

その会社で働くのが夢!

とかじゃない限り、ほとんどの人は
働きたいと思っていない。

嫌々会社に行ってるでしょ。

だったらそこにしがみつく必要なんてない。

辞めたくても辞められないって思っている人は

選択肢が、視野が狭くなっちゃっているから
だからちょっと肩の力抜いて。

他にも選択肢は腐るほどあるんだから
そんな自分を追い詰める必要なんてないんだよ。

ってことを今日は言いたかった。

以上

落ちこぼれから起業家になるための電子書籍を無料でプレゼントしています

 

僕は30歳の時にビジネスを始めて
0からたった6ヶ月で脱サラすることができました。
最終学歴は中学で仕事は工事現場。
ドロップアウト組の典型的パターンです

 

勉強は大嫌いだし
本読むと眠くなるし
貯金はないし嫁には浮気されるし・・
なんか書いていると虚しくなるほど何もない・・

 

僕には誇れるものが何もなかった。

 

あるのは「誰にもナメられたくねぇ」
っていう高いプライドだけでした。

 

社会に出て学歴がないというハンデが予想以上で
過去の自分に対しての後悔と怒りがあまりにも強くて
なんとか人生を変えたいと思っていました。

 

そんな時にインターネットビジネスの世界を知りました。

 

もう俺にはこれしか道はない・・
絶対に成功して金持ちになってやる!

 

周りからは

「あいつまた馬鹿みたいなことやっているぞ」

「無駄だよ無駄 笑」

 

と、さんざん馬鹿にされましたが
一切無視してビジネスに取り組んだ結果
たったの半年で脱サラし、起業することができました。

 

誰になんと言われようと
しっかりと正しい努力をおこなえば
誰にでも人生を変えることはできます。

 

僕のように取り柄も何もない落ちこぼれが
半年でスキルを身につけて起業する事ができたのだから
あなたにできない理由はありません。

 

何年も努力をする必要はありません
数ヶ月間だけ真剣に本気で努力をすれば
人生逆転できます

過去がどんな人間であろうと
今日、今この瞬間から過去とは違う行動をとれば
3ヶ月後、半年後、1年後
今では想像もつかない人生を手に入れられるはずです

 

スキルも知識もゼロから
脱サラして起業家になるためのノウハウを
一つの電子書籍にまとめました。

20分ほどでサクッと読めるないようなので
興味があれば読んでみてください。

→期間限定の電子書籍を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です