悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

会社に何も求めちゃいけない。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

雇われるってことは
所詮は歯車の一つでしかない。

どんなに綺麗事をいっても所詮は他人だ。

助けてもらおうって考えは絶対に持ってはいけない。

歯車がうまく回らなくなれば新しいものに変える。

例えばおもちゃとか、
内部の歯車のが壊れてきたら新しいのに変えた方が簡単だし、また壊れるリスクもない。

もし、大事なおもちゃの歯車が劣化していたら?

おもちゃの持ち主(オーナー)は
おもちゃ(会社)に興味はあるけど、
内部の歯車(社員)には興味がない。

どう回っているか?円滑に回っているか?

そこにしか興味が無い。

パーツの色なんて誰も気にしない。

もういらないと思えば
社員は簡単に切り捨てられる。

こっちがどんな生活状況であろうと関係がない。

逆にだ

あなたが会社を経営する側に立ったとして
今まで100人くらいの従業員にやってもらっていた仕事が
たった一つのコンピューターで可能になったら?

毎月20万の人件費×100人=2千万

毎月2千万のコストダウンができる。

そうなったらどうする?

会社を経営する目的はなんだ?

売り上げを上げることが目的で
社員の給料を払うために会社を作ったわけではない。

確かにそこには色々な感情が入り混じる。

だが、その感情を取っ払って事実だけを見たとき、
どの選択が良いと思うか?

答えは明白だ。

雇用されるということは
いつクビになるかもわからない
といったリスクを常に抱えている。

雇われることこそリスク

いや、
何も考えず収入源が雇用先だけという状態が超リスク

たった一人の人間に人生を握られている。

そんな状態で生きていくって俺は怖かった。

だからこそ自力をつけなくていった。

中卒の俺はなおさらだった。

高卒よりもさらに就職先が限られていた。

家族を養っているのであればなおさらだ

会社に雇われているということは
会社のお手伝いをしてこずかいをもらっているのと何ら変わらないこと。

家族はあなたを頼っている

そしてあなたは誰を頼っている?

会社に頼っていないか?

必要となくなれば会社は簡単に裏切る。

会社に期待してはいけない

だからこそ自分に投資をしていこう

ちゃんと勉強してお金が生まれる仕組みを理解すれば

会社に依存する必要はなくなる。

---------------

PS:

自動でお金を生む仕組みの作り方など より濃密で濃い情報はメルマガ内でお話しています。

今の現状を絶対に変えたい。

そう本気で思っている方のみ、 興味があれば登録してみてください。

今なら期間限定
無料豪華特典もあります。

才能、学歴、環境、人脈。

そんなもの無くたって正しい努力をすれば 人生は逆転できます。

僕は上司に散々
「お前は他いっても通用しないぞ」
と、言われてきました。

全く関係ないです。

あなたもそう言われて
なんとなく不安に感じてしまっているかもしれません。

自分なんて・・・って。

そんな間違った常識ぶっ壊してやります。

できない理由の根拠なんてない。

ではメール講座でお会いしましょう。

無料特典付きのメルマガ内容を見てみる

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です