悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

会社に見返りを求めてはいけない。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はすげぇシンプルに話そうと思う。

それは

会社に何も求めちゃいけないって事について。

真面目にやれば損しまくる。

仕事量に対して給料が見合ってなくて

俺はこんなに丁寧に仕事してるのに!!!

納期より早く完了させて会社に貢献しているのに、
何で給料はあがらないんだ!

しかも一度無理したり、
ちょっと頑張って仕事を早く終わらせると
上司は調子に乗って仕事を増やしてくる。

「仕事が早いからコイツに頼んだ方が良い」

って事になって給料は上がらないのに仕事量は上がる。

仕事量が増える=給料増える

にはならない。

頑張るだけ損。

真面目に仕事をするほど損する。

自分で言うのもあれだが
僕は仕事は真面目で
きっちりやらないと嫌な性格。

だからずっと損をしてきた。

俺は道路の白線を引く仕事だった。

この仕事は基本、
現場が終われば終わり。

だから頑張れば早く帰れることもある。

でも、

頑張って早く終わらせると

社長からは

もっと出来るっしょ!

となり、

デカい現場を渡されまくって
仕事量が増える

早く仕事を終わらせることで

どんどん仕事を増やされ、
結局毎回帰りが遅くなる

毎日残業・・・・

逆に仕事の遅いやつ、サボっている奴ら
いつも俺より帰りが早い。

仕事が遅いから
その日に完結できるような楽な仕事しか振られない。

俺の方が早く終わったはずなのに俺の方がいつも帰りが遅い。

真面目が損をする理不尽に
毎日超イライラしていた。

給料も日給制だから変わらない。

残業代がつくくらい。

年に2回

夏に氷代
年末に餅代

と称され、給与に少し色がついて渡される。

世間はボーナスで数ヶ月分もらえたりするだろうが、
うちは2~8万程度プラスになるくらい。

それでも貰えるには越したことがないが。

いつも仕事を早く終わらせる俺には
そういった所で少し差別して大目にくれる。といつも社長は言っていた。

「年末色つけておくから!いつも悪いねぇ」

で、ある時の年末、

どれくらいもらっているか?みんなで公表した時があった

そしたら

いつも早く帰る奴と俺の差

2万円だった…

俺とコイツ、
2万円しか差がねぇのかよ…

客とか取引先とかもそう。

ちょっと融通をきかせてやったり

値段を下げたり

話にはなかった仕事を仕方なく引き受けたりすると

「前もやってくれたんだから今回もやってくれるでしょ?」

前の担当者はやってくれたよ!?

となる。

損しかない。

調子こいてんじゃねぇぞ

気を利かしてやるとつけあがってくるバカな大人たち

こんな理不尽な世界で生きていたら
人間としてどんどん腐っていくし
俺自身がどんどん性格が悪くなっていた。

金も大してもらえないのに
時間はない。
そのくせ将来に何の保証もない。

保証どころか
このまま何もしなければ路頭に迷う可能性の方がでかい。

能力が何も身に付かず
体力ばかりが削られて
仕事のパフォーマンスは落ちる一方。

そんなんで今後の人生が良くなるとは到底思えなかった。

このまま社畜とし生きていたら、自殺をするも同じだ

ストレスばかりが溜まって
新橋の居酒屋にいるような
愚痴ばかり言っているオヤジ連中に成り下がる。

仕事をしながら
空いた時間で自分を高めるために勉強するのは
大変だけど何もしなかったら確実に退化してしまう。

会社に何も頼らず、
自分の力で食っていけるだけのお金を稼げるようになる必要が絶対にある。

 

でなければ一生奴隷のまま生きていくことになるんだ。

 

 

 

---------------

PS:

自動でお金を生む仕組みの作り方など より濃密で濃い情報はメルマガ内でお話しています。

今の現状を絶対に変えたい。

そう本気で思っている方のみ、 興味があれば登録してみてください。

今なら期間限定
無料豪華特典もあります。

才能、学歴、環境、人脈。

そんなもの無くたって正しい努力をすれば 人生は逆転できます。

僕は上司に散々
「お前は他いっても通用しないぞ」
と、言われてきました。

全く関係ないです。

あなたもそう言われて
なんとなく不安に感じてしまっているかもしれません。

自分なんて・・・って。

そんな間違った常識ぶっ壊してやります。

できない理由の根拠なんてない。

ではメール講座でお会いしましょう。

無料特典付きのメルマガ内容を見てみる

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です