悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

彼女とのやりとりを振り返ると時代の進むスピードを実感した。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

彼女とのやりとりを振り返ると時代の進むスピードを実感した。

二階堂です。

ふと思いついたのでなんとなく書きました。

時代が進むの早いなぁと。

こんなの流行るわけない。

こんなの無理でしょ。

とかって先入観がいかに愚かな事か。

ついこの前まで
当たり前だった事が当たり前ではなくなっている。

昭和60年生まれ前後の人は覚えがあると思うんすけど、
彼氏、彼女とのメールのやり取りで
タイトルにこんなん入れてませんでした?
↓↓↓
「しんたろー❤️ヨネ子」

カップル同士でのやり取りは
タイトルにこれつけるのマストみたいな。

もし俺だけだったら死ぬ程恥ずかしいんすけど笑笑

んで、

返信すると

「Re:しんたろー❤️ヨネ子」

ってなるので、

毎回「Re:」を消さなきゃいけない

・・

「Re:」を消さないで返信すると、
次第に彼女からの文章に絵文字が消えていく・・

無言で訴えてくる。

「なんでRe消さないのよ・・・」

と。

クソめんどくせぇ!!

って思いながら

「ごめんねぇ」って謝る自分。

って事を思い出したんすけど、
今の10代は知らないでしょうね笑

当時はガラケーで、
まだケータイでネットが使えるようになったばかりでした。

今のようにネットに馴染みは全然ありませんでした。

ちなみに僕が使っていたケータイはiモード。

で、画面上のiモードのマークが点滅していると
ネットに繋がっている状態なんだけど、
自分でボタン押しさないと点滅が消えなくて、
これ消さないとネット代がめちゃかかるってゆー恐ろしい仕組みだった。

5分すると勝手に消えるようになったのは後からだったかな??

今は画面がカラーだけど、
当時はモノクロが主流で
カラーは汚いからやめた方がいいなんて言われてたし、
写真なんて機能はなくて、
別途でケータイに送れるカメラみたいのがあったり。

そこから10年も経たないうちにえげつないスピードで進化して
iPhoneが出てきて。

iPhoneは使いづらいから俺はガラケーで生きるぜ!って言っていたのが27.8歳。

まだ回線が3Gだったので通信速度が遅かったし、
iPhoneは速攻で壊れるって言われてたし。

でも今ではiPhoneじゃないと不便すぎるようになっている。

時代の変化ってのはえげつないスピードで進んでいるなと。

今まで当たり前だったものが、
どんどん当たり前ではなくなる。

時代の変化に対応していかないと
これからは生き残れなくなるなぁってよく思う。

便利になる反面、
消えていく事業があり、人材を必要としなくなる。

カメラの現像屋さんとか街中あったのに。

テクノロジーの進化によって
今まで人がやっていた仕事が
どんどん自動でできるようになり、
人を必要としなくなり、
大手の企業もリストラされまくっている。

これからもどんどん増えていくだろう。

そうなれば人の社会的な価値は低くなり、賃金は安くなる。

車の自動運転も今は現実的じゃないかもしれないが、
実現する可能性の方が高い。

まだ大丈夫

と考えているのは現実から逃げて
考えることを怠っているだけなので
もしそういった考えを持っていたら
即改めた方がいい。

自動運転は実際、
実験がどんどん進んでいる。

もしそうなったらドラーバーを必要としなくなる。

仮にドライバーとしてやっていく場合、
差別化をしていかなければ生き残れない。

トーク力だったり、
お客さんを喜ばせるサービス。

やはり能力をつけていく為に
勉強が必要になる。

どんな業界でも安泰というものはない。

生き残る為には知識をつけることが大事です。

今ある当たり前は5年後10年後当たり前ではなくなている

落ちこぼれから起業家になるための電子書籍を無料でプレゼントしています

 

僕は30歳の時にビジネスを始めて
0からたった6ヶ月で脱サラすることができました。
最終学歴は中学で仕事は工事現場。
ドロップアウト組の典型的パターンです

 

勉強は大嫌いだし
本読むと眠くなるし
貯金はないし嫁には浮気されるし・・
なんか書いていると虚しくなるほど何もない・・

 

僕には誇れるものが何もなかった。

 

あるのは「誰にもナメられたくねぇ」
っていう高いプライドだけでした。

 

社会に出て学歴がないというハンデが予想以上で
過去の自分に対しての後悔と怒りがあまりにも強くて
なんとか人生を変えたいと思っていました。

 

そんな時にインターネットビジネスの世界を知りました。

 

もう俺にはこれしか道はない・・
絶対に成功して金持ちになってやる!

 

周りからは

「あいつまた馬鹿みたいなことやっているぞ」

「無駄だよ無駄 笑」

 

と、さんざん馬鹿にされましたが
一切無視してビジネスに取り組んだ結果
たったの半年で脱サラし、起業することができました。

 

誰になんと言われようと
しっかりと正しい努力をおこなえば
誰にでも人生を変えることはできます。

 

僕のように取り柄も何もない落ちこぼれが
半年でスキルを身につけて起業する事ができたのだから
あなたにできない理由はありません。

 

何年も努力をする必要はありません
数ヶ月間だけ真剣に本気で努力をすれば
人生逆転できます

過去がどんな人間であろうと
今日、今この瞬間から過去とは違う行動をとれば
3ヶ月後、半年後、1年後
今では想像もつかない人生を手に入れられるはずです

 

スキルも知識もゼロから
脱サラして起業家になるためのノウハウを
一つの電子書籍にまとめました。

20分ほどでサクッと読めるないようなので
興味があれば読んでみてください。

→期間限定の電子書籍を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です