悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

平日の昼間からビールを飲みたくて僕は起業した

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どーも 中卒起業家の二階堂です

タイトルの通り、
平日の真昼間っから
時間を気にせずビール飲んでいる奴らが羨ましくて
僕は起業しました(笑)

まじで

クッッッッソ羨ましかったんすよ

特に真夏ですね。

当時、僕は道路工事の仕事をしていたんですが、
炎天下の中汗水鼻水垂らしながら
ヒーヒー言って仕事を頑張っているわけです。

道路工事だから、もちろん外仕事。

外だから、
いろんなお店が見えるわけです。

中でも目についたのは

カフェとかで涼しい顔をして

ビールをうまそうに飲んでいる奴ら。

なんなんだこいつら!!

平日の昼間っから
涼しい顔をしてうまそうにビールを飲みやがって!!!

超絶うらやましすぎる!!!!!

こっちは買ったばかりのジュースが

お湯になってる・・オェェ

とか騒いでいるのに。

あなた達は
キンキンに冷えたビールですか!!?


ケッ!!!

それに、そーゆー奴らって
なんか余裕がありそうなオーラムンムンなんすよね。

白シャツ着て、洒落た色の短パン履いて
良い感じのスニーカーとかサンダル履いてて
肌とかも良い感じに焼けてて。

んで、
綺麗なお姉さんを連れてるんすよ。

楽しそうにお喋りしてて

マジ羨ましい・・

こっちはクセェおっさん引き連れて仕事・・

昔の武勇伝を聞かされてマジ苦痛

話なんて弾みやしねぇ・・

なんだよこの差は・・・

こんな綺麗なお姉さんを連れて昼間っからビール飲めるとか、
絶対に生活に余裕あんだろ!

現場で仕事をしていると、
なんかそういう人たちに見下されている感覚に陥るんですよね。


こんな暑い中、肉体労働とか可哀想なやつら~

俺は昼間っからビ~ル飲んじゃってるぜぇ~

とか思われてんだろうな。とか

なんか、
めっちゃ見下されている感覚に陥るんすよね。

自分よりも幸せそうな奴ら見ると、
いつも妬んでました。

んで勝手に見下されていると思って、
勝手にイライラしてました。

そんな環境、状況が嫌で
俺も美女を連れて昼間っから時間を気にせず
ビールを飲める生活がしたかった。

だから僕は起業しました。
(当時はせどりで起業)

中卒で学歴もないし、
コネもないし、

特別なスキルもなかった。

そんな僕が
憧れの生活を手に入れるなんて
できないと思っていた。

でもネットビジネスという世界を知り、
人生で初めて勉強というものをして、
少しずつ知識をつけて
実践して

気がついたら

僕が妬んでいた、
憧れていた側の生活を手に入れることができました。

まぁその後、事業を潰しましたが(笑)

 

今はこのブログで情報発信をし、
リアルタイムで実績を作っていっています!

落ちこぼれから起業家になるための電子書籍を無料でプレゼントしています

 

僕は30歳の時にビジネスを始めて
0からたった6ヶ月で脱サラすることができました。
最終学歴は中学で仕事は工事現場。
ドロップアウト組の典型的パターンです

 

勉強は大嫌いだし
本読むと眠くなるし
貯金はないし嫁には浮気されるし・・
なんか書いていると虚しくなるほど何もない・・

 

僕には誇れるものが何もなかった。

 

あるのは「誰にもナメられたくねぇ」
っていう高いプライドだけでした。

 

社会に出て学歴がないというハンデが予想以上で
過去の自分に対しての後悔と怒りがあまりにも強くて
なんとか人生を変えたいと思っていました。

 

そんな時にインターネットビジネスの世界を知りました。

 

もう俺にはこれしか道はない・・
絶対に成功して金持ちになってやる!

 

周りからは

「あいつまた馬鹿みたいなことやっているぞ」

「無駄だよ無駄 笑」

 

と、さんざん馬鹿にされましたが
一切無視してビジネスに取り組んだ結果
たったの半年で脱サラし、起業することができました。

 

誰になんと言われようと
しっかりと正しい努力をおこなえば
誰にでも人生を変えることはできます。

 

僕のように取り柄も何もない落ちこぼれが
半年でスキルを身につけて起業する事ができたのだから
あなたにできない理由はありません。

 

何年も努力をする必要はありません
数ヶ月間だけ真剣に本気で努力をすれば
人生逆転できます

過去がどんな人間であろうと
今日、今この瞬間から過去とは違う行動をとれば
3ヶ月後、半年後、1年後
今では想像もつかない人生を手に入れられるはずです

 

スキルも知識もゼロから
脱サラして起業家になるためのノウハウを
一つの電子書籍にまとめました。

20分ほどでサクッと読めるないようなので
興味があれば読んでみてください。

→期間限定の電子書籍を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です