悔しかった。羨ましかった。諦めたくなかった。

中卒で自己破産した男がネットビジネスで再起する”どん底”物語

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「こーゆー仕事するようになったら終わりだよな笑」 

 

「肉体労働とか頭の悪い奴がやる仕事だろ!俺らとは無縁だよな笑」

 

真夏に汗だくになりながら仕事ををしてる時に聞こえてきた
大学生の会話だった。

 

「このクソガキどもぶっ飛ばしてやりてぇ
親のすねかじり共が」

こんなガキどもにバカにされるなんて
俺は一体いつからこうなっちまったんだ

 

クソ・・何やってんだ俺は。

 

プライドだけは一丁前

あんなガキどもに舐められる大人になって
マジでダセェ・・・

 

俺は今まで散々遊びまわって
やりたくないことから逃げてきて。

 

「学歴なんて関係ない 」

そう言っていた自分が
一番学歴にコンプレックスを持っていた。

俺はこれからどうなっていくんだ・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めまして二階堂です。

僕は30歳になってからビジネスを始めて
開始4ヶ月で月収70万以上の収益を上げられるようになり、

翌月には脱サラしてフリーランスに。

 

その後、収益を自動化するべく仕組みを作っていき、
不労所得が少しずつ上がり始めていました。

が、様々なトラブルに襲われて
資金が回らなり自己破産をすることとなりました。

そのためビジネスを中断

アルバイト生活を送る事となりました。

その後、自己破産が認められ
再びビジネスを再開。

副業としてネットビジネスを行なっています。

これまで培ってきた経験、
年収3億を超える方々から学んだ知識
500万円以上の自己投資をして得た情報を活かして発信していきます。

僕はもともととんでもないクズで落ちこぼれ
学歴もない。知性もない本当にダメな人間でした

そんな人間でも人生を変えることができる。

人として生まれ変わることができる。

劣等感、後悔、消したい過去

今までどんなに辛い人生、暗い道を歩いてきた人でも
自分決断次第でいつでも変わることができるってことを
僕の実体験通して伝えていこうと思います

学歴がなかろうが勉強できなかろうが
いじめられっ子だろうが引きこもりだろうが
逮捕歴があろうが関係ない。

自分が本気で変わりたいと思うなら
今すぐにでも変われる。

考え方を変え、行動を変えていけば結果も変わる。

考え方と行動は今すぐにでも変えることができます。

結果はそのあとについてくる。

自分が変わるってことは
今この瞬間から変わることができます。

僕は学歴もなければ
人間としてクズの人生を歩み続けていました。

幼い頃は父親から虐待を受け、
学校ではいじめられて自殺を何度も試みました。

その後、歯車が狂い

非行に走り

窃盗、恐喝、傷害事件を起こす
どうしようもない人間でした。

感情を制御しようとせず
暴力で支配しようとするクズでした。

でも、いろんな出会いがあって
少しずつ人としての心を持つようになりました。

そしてネットビジネスで
一人の読者さんから

僕のサイトに出会ったことに感謝してくれ
お礼の言葉をもらって

初めて人に僕の存在を認められた気持ちになり、
救われました。

本当はずっと誰かに認められたかっただけだった。

いじめを受け、虐待をされ、
ずっと存在を否定されて生きてきて
それまで溜まった抑えられない感情が爆発して

あんな辛い思いをしたくないという反動から
ナメられないように暴力で人を支配するようになった。

本当は僕の気持ちを誰かに知ってもらいたかった。

でもそれができなかった。

思うことと行動がいつも空回りして
ずっと人に煙たがれてきた

そんな人生でした。

続きの物語は以下のレポートで
まとめてありますので良かった読んでみてください
↓↓↓
二階堂の落ちこぼれレポート

 

---------------

PS:

自動でお金を生む仕組みの作り方など より濃密で濃い情報はメルマガ内でお話しています。

今の現状を絶対に変えたい。

そう本気で思っている方のみ、 興味があれば登録してみてください。

今なら期間限定
無料豪華特典もあります。

才能、学歴、環境、人脈。

そんなもの無くたって正しい努力をすれば 人生は逆転できます。

僕は上司に散々
「お前は他いっても通用しないぞ」
と、言われてきました。

全く関係ないです。

あなたもそう言われて
なんとなく不安に感じてしまっているかもしれません。

自分なんて・・・って。

そんな間違った常識ぶっ壊してやります。

できない理由の根拠なんてない。

ではメール講座でお会いしましょう。

無料特典付きのメルマガ内容を見てみる

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です